ABOUT

MISSION

kominelab-logo

LIFE SAVING

救うべき生命を守る

ライフセービングの精神は一人ひとりの自立を促すとともに、相互に助け合える社会をつくります。私たちも誰かを助けるために、行動できることがあるはず。その行動は強く生きる力となって自分自身に戻ってくるはずです。それこそが、生命健康科学研究室の精神であり、目指す社会づくりです。

INTRODUCTION

研究室紹介


Heart Safe City


海辺のみまもりシステム


NEWS

PI Profile

小峯 力

Tsutomu KOMINE

横浜生まれ。1987年、オーストラリアにてライフセービング・イグザミナー(検定官)資格を取得し、日本初のライフセービング指導者認定を受ける。日本ライフセービング協会理事長、国際ライフセービング連盟(ILS)委員、日本海洋人間学会副会長、海上保安庁アドバイザー等を歴任。流通経済大学社会学部助教授、流通経済大学スポーツ健康科学部教授、同大学院スポーツ健康科学研究科(救急教育学)教授を経て、現在、中央大学教授 博士(救急救命学)。著書に「LIFESAVIG AND SOCIAL WELFARE」(学文社)、「ライフセービング 歴史と教育」(学文社)、「心肺蘇生法教本」(大修館書店)、「サーフ・ライフセービング教本」(大修館書店)等がある。

MEMBER

教員

石川 仁憲

Toshinori ISHIKAWA

機構教授

匂坂 量

Ryo SAGISAKA

助教

大学院生

島田 良

Ryo SHIMADA

D1 Graduated Student

澤頭 良介

Ryosuke SAWAGASHIRA

M2 Graduated Student

進藤 聖矢

Seiya SHINDO

M2 Graduated Student

三代 覚

Satoru MISHIRO

M1 Graduated Student

田村 昌也

Masaya TAMURA

M1 Graduated Student

佐治 恭眞

Yasuma SAJI

M1 Graduated Student

学部生(6期生)

戸口 陽生

Haruki TOGUCHI

Under Graduated Student

梅津 匠

Takumi UMETSU

Under Graduated Student

工藤 大河

Taiga KUDO

Under Graduated Student

松本 粋明

Kiyoaki MATSUMOTO

Under Graduated Student

和田 健社

Taketo WADA

Under Graduated Student

米澤 知華

Chika YONEZAWA

Under Graduated Student

斎田 陸也

Rikuya SAIDA

Under Graduated Student

小穴 慎也

Shinya OANA

Under Graduated Student

西塚 茉那

Mana NISHITSUKA

Under Graduated Student

片岡 音紫

Tomu KATAOKA

Under Graduated Student

松下 奈穂

Naho MATSUSHITA

Under Graduated Student

中村 隼士

Hayato NAKAMURA

Under Graduated Student

米 優有

Yu YONE

Under Graduated Student

海津 雪乃

Yukino KAIZU

Under Graduated Student

RESEARCH AREA

WATER SAFETY

安心安全な海辺空間を創出する

AI・IoTを活用して、みんなさんに安心して使ってもらえるような海辺空間を創出することを目的に研究を行っています。
例えば、海岸にカメラを取り付けて、沖に向かってながれる危険な海流である「離岸流」を自動的に検知するAIモデルの作成。そのAIを実際に海辺で実装し、デジタルサイネージでの利用者にたいする注意喚起やライフセーバーのスマートウォッチへ通知するシステムの構築をしています。

EMERGENCY MEDICINE

積極的に救命を行える文化を醸成する

手当が必要な人を目の前にしたときに、容易に手を差し伸べることのできるような文化を醸成することを目的に研究を行っています。
私たちが倒れている人を見た際に、咄嗟に行動を起こすことは容易なことではなりません。私たちは、人の「行動」に焦点をあて、人が無意識の時にどのような救助行動をとるのかについての分析や行動を起こしやすくするための補助デバイスの開発などを行っています。

HEALTH AND WELL-BEING

健康と幸福が持続する社会を形成する

人々が個々に健康であり、幸福である。そんな社会を形成することを目的に研究を行ってます。
多くの人たちは、幸福でありたい。健康でありたい。と願っているはずです。しかし、健康のためには運動をすべきであると思いつつも実行できない人が多くいます。そこには、何が障壁になるのでしょうか?私たちは、「未病」をキーワードに人々が意識しなくても健康であり続け、「未病」られるような、そんなフィールド開発に着手し始めました。

COLLABORATORS

ハートセーフシティ構想の推進

株式会社フィリップス・ジャパン

心臓突然死からの社会復帰率、世界一の町づくり、施設づくりを目指して。

ウェルビーイングの実践

株式会社 BEACH TOWN

人のいのち、社会のいのち、地球のいのちを守る。

水辺の事故ゼロの実現

公益財団法人
日本ライフセービング協会

田中 秀治 研究室

国士舘大学大学院

救急システム研究科

SDGsのモノづくり

株式会社アトリエデフ

SDGs 革命を日本の第一次産業から

ALUMNI

2016年度


森 彩香
「バイスタンダーによる一次救命処置の課題に関する検討」

児山 大基
「一次救命処置における心理的バリア要因の検討」

高橋 愛理
「QCPRと心理的負担軽減を目指した教育プログラムの検討」

小堀 純子
「首都圏の大学におけるAED配置の実態解明と考察」

正田 直
「大学生のメンタルヘルスの維持向上に最適なスポーツの提案」

河出 武
「古武術による介助動作パフォーマンス向上に関する研究」

岩田 達成
「就職活動の分析と考察」

押野 彩
「海の色彩に関する研究」

岩瀬 建也
「釣りの安全性に関するリスク評価手法の提案~サーフルアーフィッシングにおいて~」

菊地 水紀
「片瀬西浜海水浴場における津波避難の課題とその改善策の提案」

2017年度


泉田 優花
「競泳指導における簡易的映像分析法の検討」

亀井 恵利沙
「ボート競技力向上に向けての理工学的アプローチ」

日光 祥太
「野球の本塁から二塁への最速の走塁方法の検討」

佐藤 一将
「ストレートパンチのフォーム改善による技術向上のための手法検討」

松吉 恭佳
「大学生の腰痛と心理的要因の関連性」

大間知 凌
「いじめ減少に向けた共感を育む要因の検討」

田中 一平
「離岸流の発生予測の検討~湘南・鵠沼海岸に着目して~」

井上 翼
「シミュレーション解析による安全な海岸づくりの検討~片瀬西浜海岸に着目して~」

たが 真代
「スポーツ観戦が心身に与える影響とQOL向上の検討~勝ち試合に着目した分析~」

川﨑 朗
「高齢者における音楽療法の実態と考察」

中川 賢人
「個人の習慣的な身体活動量を把握するための方法の検討」

眞知田 晃平
「映像分析を用いたCPR教示手法についての効果検証」

野口 遥香
「一次救命処置時における心理的バリア要因の程度を測定する尺度の開発」

内田 博咲也
「ライフセーバーの頭髪中金属元素含有量と海水曝露時間との関係性」

松澤 創
「大学におけるAED適正配置の検討」

2018年度


真下 裕梨
「住宅の高さ別に見た生存率についての研究」

野本 宗一郎
「ハンカチを用いた人工呼吸の提案とその有効性の確認」

高木 光陽
「異性間対人行動における恋愛感情の検討」

三澤 純也
「サーフィンが大学生の心身に与える影響」

澤田 裕輝
「サーフィン利用の観点から見た台風21号による茅ヶ崎海岸への影響分析」

渕上 優介
「ボディビル競技における審査基準および理想的なポージングの検討」

吉元 健太郎
「高齢者の海岸利用の現状と課題〜日本とオーストラリアでのバリアフリーの面からの比較〜」

小林 悠太
「オリンピック・パラリンピック会場における津波避難体制の課題抽出と解決案の提案〜セーリング会場である江ノ島を対象地として〜」

佐川 健太郎
「大学生のアルバイト活動において成長を促進する職場環境の検討」

梶原 ほのか
「オリンピック・パラリンピック会場における津波避難体制の課題抽出と解決案の提案〜お台場海浜公園を対象地として〜」

下井田 春佳
「離岸流の可視化による遊泳客の危機管理意識の向上」

阿部 祐菜
「世界レベルの一輪車競技者の熟達化に関する研究」

松原 惇也
「集団的効力感を用いたパフォーマンス向上の試み〜バスケットボールのフロントコートボールエントリーに注目して〜」

神村 美晴
「BLS講習の課題に対する教育プログラムの検討」

島田 良
「御宿中央海岸における離岸流事故発生の要因の検討」

中村 智士
「久保川流域の里山における心理的変化の検証〜自然との共生を目指して〜」

棚元 将太朗
「スマートフォン利用による首角度の時間変化の定量的解析」

高木 光陽
「異性間対人行動における恋愛感情の検討」

國分 瑠里
「大学生における社会人基礎力に関する要因の検証」

2019年度


橋本 菜那
「海洋ごみ対策に貢献するために~生分解性プラスチックの分解実験を通して~」

伊藤 夢衣
「海水浴場におけるSOSボタンの有用性と適正配置の検討」

灘 圭介
「サッカーのポジション別性格特性と動機づけの関連」

田口 晴菜
「口頭指導における胸骨圧迫指示の言い方の違いによるバイスタンダーへの影響」

亀井 恵利沙
「ボート競技力向上に向けての理工学的アプローチ」

斎藤 彰人
「パーソナリティと笑いの趣向性」

鈴木 楓香
「通信司令員による指定プロトコルを用いたCPR口頭指導の効果検証」

佐藤 結
「海水浴場における紫外線の強度特性と要因の検討」

佐竹 智理
「学内救護におけるSOSボタン設置の有効性の検討」

田中 理久
「溺水者を検知可能なAIの開発」

宮城 辰郎
「陸上競技短距離における体格的不利な選手の動作分析」

北條 孝博
「ペットボトルと水道の水に対する人の嗜好性に関する研究」

澤頭 良介
「AIによる離岸流非検知の精度検証」

稲垣 祐希
「屋内溺水心停止傷病者の現状分析」

2020年度


山本 采歩
「ヨガ技法を用いたストレッチの自粛中のストレス・気分に及ぼす影響」

杉村 沙耶
マスクの色が顔の表情に与える影響

大杉 怜
COVID-19危機下における外出自粛を有効的に促す文の調査

高原 勇斗
電車内でのコロナ感染のリスク回避および軽減行動

立岡 純奈
オンライン面接における視覚情報が採用担当者の評価に及ぼす影響

石田 翔太
野球選手の投げる動作に着目したイップス改善指導方法提案と検証

根岸 剛史
「野球の盗塁時の一次リードにおけるピッチとストライドの関係性」

中村 飛哉
スケートボード競技のオーリー習得のための動作分析

山澤 右弥
フロート遊具の安全性の検討

阿部 緋七子

「津波避難の課題と対策〜福島県いわき市四倉町を対象地として〜」

中山 栞里
「屋内溺水心停止傷病者の現状分析」

阿部 緋七子
ライブ映像の鑑賞による主観的幸福感の変化

出口 桃
大学生における田舎と都会の幸福度分析

松井 海音
口紅の色と表情が印象に与える影響

井ノ上 拳
お笑いによるストレス解消効果の促進に関する研究〜視聴者のパーソナリティーに注目して〜

関延 和真
傷病者の性別と衆人環視がバイスタンダーの応急処置の意思に与える影響

田村 昌也
「AIを用いた胸骨圧迫位置推定の精度の検証」

向江 彩伽
「立体構造の施設内におけるSOSボタン設置効果の検討」

高村 信音
「自然再生事業地における順応的管理のためのカイボリの重要性の調査」

 

 修士

島田 良
「AIを用いた海岸利用の安全性向上に関する研究」

就職先


JAL
NHK
NEC
NTTデータ
三菱電機
三井住友海上火災保険
東京海上日動火災保険株式会社
三井住友銀行
みずほフィナンシャルグループ
日立製作所
大塚製薬
東京消防庁
リアライブ
リノベル
デロイトトーマツコンサルティング
EPクルーズ、フューチャーアーキテクト
高砂熱学工業
シーカンパニー
ワタベウェディング
IMJ
I-NE
八千代銀行
岡三証券
リコージャパン
デジタルトランスコミュニケーションズ
NTTデータアイ
警視庁
星野リゾート
住友商事グローバルメタルズ
セブンイレブンジャパン
リクルートコミュニケーションズ
ゆうちょ銀行
三菱地所ハウスネット
中央大学職員
日本通運株式会社
横浜高校教員
東京都職員
川崎市職員
進学(大学院理工学研究科)
進学(東京学芸大学大学院)

CONTACT

kominelab-logo